白のロードスターを外装仕上げ・鏡面塗装仕上げにした事例です。
費用などは他の事例とは異なりますので担当者にお問い合わせください。

外装仕上げ・鏡面塗装仕上げ

オールペイントをするため、内外装についているパーツを一つ一つ丁寧に外していきます。塗装の剥がれの原因となる塗膜の切れ目・段差などといった不具合を発生させないためには欠かせない作業となります。


Eunosのマークを慎重に外す、熟練の鶴賀さんの手。いい味でてますね。

外していったパーツは順次、塗装の手に渡っていきます。ピカピカになったミラーには塗装の南島さんの顔が映りこんでいます。



南島さんがパーツパーツのすみからすみまで、輝きを取り戻します。



ロードスターが段々とバラバラになっていく様子が見てとれると思います。


ボディとシャシを分け、より細かい作業に入っていきます。


ロードスターのボディを丸裸にしました。これにより細部にまで塗装を行き届かせることができます。



錆びや汚れから下廻りの経年変化が進んできます。それを未然に予防するため、ボディとお別れしたシャシには下回りシャシブラックを塗装します。


ハードトップはガラスをはずして塗装を行います。

3D計測器でボディ計測を行うセッティング中。3D計測をおこなうことにより、ボディの歪みなどないか精確に調べることができます。



坂口さんがボディ寸法を入念に計測中。


もちろんフロアも塗装、トランクルームも塗装いたしました。


なかなか見ることができないアングルでしたのでついついパシリと一枚撮ってしまいました。

色がグレーに変わっているところがありますが、サフェーサーなどで全ての傷・へこみを修正してから塗装に入ります。


塗装後、塗装前と明らかに違うことがお分かりいただけると思います。


当社の塗装ブースになります。このブースでロードスターは生まれ変わります。

塗装も終わり、今度は組み付け作業がはじまります。時間が逆回転するようにロードスターにどんどんとパーツをつけていきます


ロードスターのいい部分であり、破れたりしてしまい悪い一面もある幌。どうしても経年劣化のため、破れ・ほつれがあります。当社では純正の幌に交換することもできます。

磨き作業のスタート。磨き作業が南島さんの腕の見せ所です。当社独自の鏡面ボディを再現するのはこの最終工程といっても過言ではありません。独自手法で塗装膜を鏡同様の平面になるようロードスターを手作業で整えていきます。その整える工程も3段階に分け施工し、最終は極細コンパウンドと高速のポリッシャーで「鏡面」を作り上げていきます。


磨き工程も終わり、ロードスターも一休み。と思ったら当社独自のコーティングの塗りこみ中でした。新車と見間違うほどの肌になっています。

南島さんが一手間加え、ホイールキャップに純正っぽくユーノスマークをつくってみました。

一つ一つの作業が積み重なり、当社自慢のロードスターが完成しました。


アンダーボディも3D計測により寸法を測り、歪みがないかチェックします。



生まれ変わった白と赤のロードスター。当社の前に展示してありますが、見ていると乗りたくてウズウズしてきてしまいます。

woodpecker-mini