私たちのこだわり


社長 林泰三のこだわり

 そこまでやるのか!ユーノスロードスター専門店

<私の想い>

この素晴らしい車を一緒に残していきたい

  

 ユーノスロードスターが生まれたのは僕がまだ5歳の頃です。

 

ユーノスロードスター専門店を立ち上げた前社長(現会長)は、この車に特別な想いがありました。

 

リアルタイムでその魅力を知らなかった私ですが、社長を引き継ぎNAに深く関われば関わるほど、本当にすごい車だと心から思うようになってきました。

 

今ではこの素晴らしい車を、私たちだけの力ではなく、ファンのみなさんとも一緒にこの世界に残していくことが使命だと思っています。

 

だから、ただ綺麗にしませんか、直しませんか、買いませんか、ではなく「一緒にこの素晴らしい車を、この世界に残していきませんか」と伝えていきたいです。

 

私たちはNAの買取も行っています。

 

そして本当にたくさんの方から買取の依頼をいただいています。

 

ではなぜわざわざ石川県の私たちにNAの買取を依頼するのか?私たちが少しでも高く買い取ってくれるからでしょうか?そうではありません。

 

私たちが大切に乗り継いでくれる次のオーナーへと、依頼された方の想いも込めて繋げていることを理解してくださっているからです。

 

私たちはNAを造っています

 

NAはもう生産されていません。新車で購入することはできない車です。市場で流通している台数は年々、減少傾向にあります。そしてわずかながら流通しているNAは決して状態が良いものばかりではありません。

 

だからこそ私たちのチームは車を売っているという気持ちではなくなりました。

私たちのチームはNAを造っているのです。

新しいものを生みだしています。

 

私たちのチームは誰もが仕事を心から楽しんでいます。

NAを造り、NAをこの世界に残していく仕事に、やりがいと喜びを感じています。

 

チームを変えたものとは

 

私はNAを造ることに関しては、チームメンバーを信頼しすべてを任せています。

 

もちろん、どうすればよいか迷うような場面では、私がその判断を行います。

そんな時でも基本的にはメンバーが「納得できる仕事ができる」方を選択します。

 

お客さまに絶対喜んでもらえる自信がチームには常にあります。

 

私がユーノスロードスター専門店をやっていてうれしかったことは、チームメンバーの意識が変わっていったことです。関わるすべてのスタッフが、年齢や経験などにも関係なく変わりました。

 

人はいくつになっても仕事を通して成長し、目を輝かせることができるのだと知りました。

 

変えてくれたのは、スタッフの一人ひとりにまでお客さまが与えてくれた、感動の言葉と心からの笑顔です。

 

ユーノスロードスター専門店では、自信を持ってお奨めするパッケージ販売はもちろん、これから全国のNAのオーナーの方々との繋がりを深めていきたいと考えています。すでにオーナーから全塗装や修理の依頼もいただくようになりました。

 

私たちはこれから「この素晴らしい車を残していく」ことを事業目的の中核に置き、絶対にどこにも負けない「ユーノスロードスター専門店」としてのプライドを守り続けていきます。

 

代表取締役社長 林泰三


一級塗装士 南島のこだわり

 そこまでやるのか!ユーノスロードスター専門店

<私の想い>

 

18歳から30年 それしかできないんで

 

 16からバイクに乗りはじめました。その頃からスピード出すよりも、いじっている方が好きでしたね。改造したり、色塗ったり。学校を卒業したらすぐに自動車に関わる仕事をしたくて、この世界に入りました。やってみたら塗装の仕事はすごく楽しかった。

 

 でも塗装は職人の世界。水かけられたり、ほうきでたたかれたり。まだそんな時代でした。5年たってやっと自分で満足できるシゴトができるようになって24歳で結婚しました。

 

 18歳から30年 今もそれしかできないんで。

 

 塗装の仕事の楽しさは、綺麗なものを作れるということ。そして、お客さんが驚き、喜んでくれる顔がいつも思い浮かぶこと。

 

 一度、NAの納車に同行させてもらったことがあります。僕たちのNAに、まるで子供のようにキラキラした目で、駆け寄ってくれたお客さんの笑顔が忘れられません。

 

 

そこまでふつうはしないをやってます。

 

 

 見学会に来てくれたお客さんの驚いた顔も忘れられません。

「こんなにバラバラにして塗装するの?」って。

 

 僕たちのNAは何もないタイヤだけついている状態から塗装に入ります。塗装だけでも3倍以上の時間を掛けてます。

 

今の塗装はむずかしくて何層にもなっています。それを一つ一つ丁寧にクリアしていかないといけない。

 

色でむずかしいのは、メタリック系ですね。あらやむらが目立ちやすい。塗装したあとに、離れて見るとよくわかるものなんです。近くで見ていてもわからないときがある。

 

濃い色は配色やりやすいですが、メタリックはあせやすいので。

 

 仕上げは鏡面加工。徹底的に磨き込みます。そこまでふつうはしないってところまで磨き込んでます。ユーノスロードスター専門店はスタッフ全員で「そこまではふつうはしないだろう」をやってます。

 

 僕の担当なら見えないところ、例えば錆びてしまったエンジンや、ダッシュボードも傷を補修して塗装します。オリジナルはもう手に入らないので。

 

 実は塗装の技術そのものよりも、そこまでの準備に、うまい人と下手な人の差が出ると僕は思ってます。傷んでいる塗装を補修して、小さなへこみも修復して、ひとつひとつ、塗装をはじめる前の下地づくりをやってます。

 

10日間の塗装工程中、9日間は実は下地づくりなんです。そこまではふつうはしません。「何のためにそこまで」と他の人は思うかもしれません。きっと分からないと思います。

 

でもNAが本当に好きな人が、僕たちのNAを見れば、その理由がきっと分かってくれると思っています。

 

 

 南島 正久 (一級塗装士)

 

 

天気のいい休日に家族でバーベキューをするのが何よりの楽しみ。三人娘のよき父親。